消費者金融の審査に落ちたらやるべきこと

消費者金融に審査はつきものです。 そして必ずしも審査に受かるというものではありません。消費者金融の審査をお願いする人はお金を借りたいと思っている人ですから、借りられると思っていたのに審査に落ちて借りられない状況になると困ってしまうでしょう。では、もし消費者金融の審査に落ちたらどうすればいいのでしょうか。

消費者金融の審査に落ちたら現状確認を

消費者金融の審査に落ちたら、なぜ落ちたのか理由を考えてください。理由がわかれば、他の消費者金融で借り入れ審査に受かるかもしれません。

まず第一に、他社で滞納していないかどうか思い返してください。消費者金融の審査は滞納しているかどうかがとても重要です。他社からの借り入れがない人であれば問題ありませんが、他社から借りている人だと、滞納をしている可能性があります。また、滞納履歴は数日程度でもついてしまう可能性があるため、過去の滞納履歴を思い返してみましょう。

続いて総量規制についてです。 総量規制とは、年収の三分の一以上の借り入れをすることが出来ないという法律です。つまり、年収300万円の人は消費者金融から100万円以上借り入れをすることが出来ません。住宅ローンなど除外される場合もありますが、消費者金融から現金を借り入れする場合は総量規制が関わってきます。 滞納をしていなかったとしても、総量規制の上限ギリギリだった場合は審査に落ちてしまう可能性があります。他社からの借り入れ金額のトータルを計算しなおしてみましょう。

信用情報の確認をしてみるのもおすすめです。 消費者金融の審査は信用情報機関をチェックして行われています。こちらの信用情報をチェックすることで、自分の過去の滞納履歴を簡単にチェックすることが出来るのです。費用は1000円ほど掛かる場合がありますが、他の消費者金融も考えている場合は一度確認をしてみるのも良いでしょう。

もし過去の滞納履歴、信用情報、総量規制などに問題がなければ、消費者金融の審査が厳しかったのかもしれません。利息が低いと評判の消費者金融は、審査が厳しく年収や他社の借り入れ件数で審査に落ちてしまう可能性があります。 そのため、審査をお願いした消費者金融の情報を調べてみましょう。審査が厳しく他にも落ちた人が沢山いる企業であれば、別の審査の甘い消費者金融に切り替えることで簡単に審査に受かる可能性もあります。現状で審査に通りそうな企業を選ぶことも、消費者金融選びでは大切なことなのです。